毎日が「愛と力のハーモニー」

選択理論実践パートナー 井上千代 ブログ

実践

選択理論といじめ♥A君、ありがとう♥

投稿日:

私は、小中学校の養護教諭として35年間、保健室から子どもたちの成長を見守ってきました。

前半の教職人生は、その子のためと思い、いじめをしている子には「いじめは絶対、許されないよ。止めなさいよ。あなたの為よ」と心を込めて伝えた。

けれど、20年前に厳しく指導すればするほど反発し陰湿ないじめを繰り返すA君と出会い、私は無力感に苛まれ、藁にもすがる思いで選択理論を学びました。

そこで、人が問題を起こす理由を脳の働き方から知りました。人は、「愛されていない、認められていない」と感じると、何かせずにはいられない気持ちになり、その対処法として「人を傷つけたり、自分を傷つけたりしがちになる」というのです。

半信半疑ながら切羽詰まっていたので、担任と協力し認め励ますプラスの言葉を試してみました。問題を起こしていない普段に、A君の良い面を探してプラスの言葉かけを続けました。

すぐにはA君には変わりません。ですが、教師が他の子どもたちにもプラスの言葉かけを続けていくと、子どもたちの表情はみるみる明るくなり、挨拶も明るく変化してきました。3か月経つと、A君も問題を起こさなくなりました。誰もが認められたいのだと痛感した。

私は子育ても見直し、家族にもプラスの言葉を使うようになり、家庭でも楽しく過ごせるようになりました。

そして、現在は早期退職し「プラスの言葉は幸せを呼ぶ」という演題で学校や企業で講演しています。

A君との出会いに心から感謝しています。

-実践

Copyright© 選択理論実践パートナー 井上千代 ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.