毎日が「愛と力のハーモニー」

選択理論実践パートナー 井上千代 ブログ

実践

あなたが、学校を甘くする!💛思考を工夫して3秒で立ち直る(笑)

投稿日:

選択理論の情報提供を始めて20年目になります。

はじめのうちは、同僚からも、心配の声がありました。
「認め励ますだけで、子どもが成長するなら苦労はない」とか、「あなたが、学校を甘くする」、「一度、緩めたら取り返しがつかなくなる」と何度か言われこともあります。

彼らが心配して、私に忠告してくれていることは分かりました。
でも、目の前で言われたらちょっとショックで、学び始めたころの私は、自分の気持ちを立て直すのに、何日も、時間がかかっていました。
3日くらいかかって、ようやく元気を取り戻して、「私も、選択理論を断片的にしか知らなかったら、同じように考えただろう!」とか、「私に学校を揺るがすくらいの力があるのか」(笑)…もちろん、彼らがそんな意味で言ったのではないことは百も承知の上です。
でも、考え方【思考】をそのように工夫をすると、気分【感情】が良くなります。

選択理論の実践には、手ごたえを感じていました。
いじめをしていた子どもも、いじめられている子どもも、認めたり励ましたりする言葉を個人的に一声かけると、一瞬、ほっこりした表情になりますし、それを続けると、子どもの行動が変わってくることを実感しました。
子どもの素直さに感動しました。
今日まで続けてこられたのは、子どもたちが身をもって変化を教えてくれたからです。
子どもの変化(欠席の減少、表情など)のおかげで、反対したり心配したりする同僚教師、保護者も減ったように思います。

久々に、ある友人から、「ある研修会に参加して『選択理論が学校に入ったことで、躾があまくなった。悪いことは厳しく叱らないと!』と言われて辛かったのよ。」という報告を受けました。
私は、「そうだったんですね」と3秒一緒に、嫌な気分を味わいましたが、3秒後、思考の工夫をして「それほどまでに、愛媛に広がっているんだ! やったあ~!!」と勝手に頭に描いて、新しい【イメージ写真】と【思考】を選択しました。
そうです。まさに、妄想開始!!「これこそ、私が夢にまで見た、選択理論が広がった世界かも~」と思いを巡らせ、妄想が止まらなくなるので、現実に戻りましたが。
能天気な私も、選択理論を批判した方が、そんな意味で言ったのではないことは、百も承知の上です。
また、その方が言うほど、選択理論が広がっているわけではないことも、百も承知の上です。

でも、落ち込みを選ぶか、楽しく妄想し、エネルギーに変えて、歩み続けるか【全行動】、それも、私に任されていること、3秒で思い出せました。
私のイメージ写真、思考、行為は、私の選択です。

以前の私は、批判されたり、悩みができたりすると、それを脳の中で反芻して堂々巡りを何日も、繰り返していました。
それが、今は、ごく短い時間で、思考の工夫をして、落ち込みを予防できるようになったことは、選択理論を学んだおかげです。
この幸運を多くの方と分かち合いたいと願っています。

「選択理論実践パートナー井上千代」のHP はこちらから

「ラジオセラピー~幸せを育む心理学~ 」はこちらから

 

-実践

Copyright© 選択理論実践パートナー 井上千代 ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.