毎日が「愛と力のハーモニー」

選択理論実践パートナー 井上千代 ブログ

実践

みんなが笑顔になれる魔法の言葉💛高光小学校💛

投稿日:

愛媛では、4年前から選択理論教員学習会が毎月開かれたり、選択理論をベースにした人間関係づくりに取組んだりする教師が増えてきました。
本当に嬉しく、心強いです。
とくに管理職の先生が率先して取り組みを始めると、たくさんの奇跡的な変化が起こります。
立花小学校でも徳永校長先生のリーダーシップのもと、皆でプラスの言葉を実践したら、不登校の児童が半年で激減しました。

宇和島市立高光小学校では、武内和也先生が、令和元年5月22日(水)、児童集会で、「みんなが笑顔になれる魔法の言葉」というお話をされました。
その様子がHPで紹介されています。是非、ご覧くださいませ。

↓↓

まず、「マイナスの言葉」と「プラスの言葉」についてみんなで考えました。
その後、校長先生からの「高光小学校の子どもたちが誰一人つらい思いや悲しい思いをすることなく、全員が笑顔で楽しい学校生活を送るためには「プラスの言葉」と「マイナスの言葉」のどちらを増やしていけばいいのだろう」という問いかけに、全員が「プラスの言葉」と答えました。
最後の感想発表では、「自主学習ノートにたくさんのプラスの言葉を考えて書いて、使ってみたい」
「これまでマイナスの言葉を使うことがあったが、プラスの言葉を使うようにしたい。」
「友達との会話ではマイナスの言葉を使うことが多かったけど、プラスの言葉を使うようにして、よりよい高光小学校にしたい。」
など、プラスの言葉を使っていこうとする意欲やこれまでの自分を振り返りながら、より良い方向に向かっていこうとする決意がみられました。
これから、高光小学校にプラスの言葉がどんどん増えていくことを楽しみにしています。

-実践

Copyright© 選択理論実践パートナー 井上千代 ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.